フリーの主婦翻訳者の悩み:子供の発熱

ずいぶん暖かい日が増えてきました。
桜の満開期は過ぎてしまいましたが、
やはり暖かくなってくると、なんだか嬉しくなりますね。

先週末は、次男の試合があり2日間遠出し、別に私が試合に出ていたわけでもないのですが、
長距離運転2日で、ぐったり疲れてしまい、帰宅後は先に寝てしまったのですが、

どうやらその夜、高熱を出してしまった次男。
自分で熱を測ったときには39.8分だったそうです。

それでも、私や他の家族に声を掛けることもなく、
ひたすら堪え忍んだ一晩だったようです。

そんな話を次男から聞きながら、大きくなったねぇ~~と
ひたすら感心していました。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

突然の熱発

我が家の息子は次男といえどもすでに中学2年生になるので、
↑のように、自分で熱を測って、自分でびっくりして、
自分でアイスノンを取りだしてきて、自分で「ひたすら寝ることにする」こと
ができるのですが、

子供の年齢が低いほど、この突然の熱発に四苦八苦するお母さんが
多いのではないでしょうか。

もちろん、仕事をしていない方も大変ですが、おつとめ中の方にも
それなりの大変さはありますが、もちろんフリーランスで仕事をしている
私たちのような翻訳者にとっては、

大げさな話ではなく、本当に死活問題となってきますよね。

自分の体調不良のときももちろん大変なのですが、
子供、しかも低年齢の子供となればなおさらのこと。
小さい身体で熱発すると、本当につらそうですよね。

ちなみに、我が家の次男もさすがに39度8分はその日の夜中だけでしたが、
次の日もまだ38度台後半だったんので、辛そうでしたね。
体力はあるほうだと思うのですが、2日目の夕方以降は、
若干グロッキー状態でした。

で、低年齢のお子さんの場合に話は戻りますが、
今、どんな状況であるかも本人の話からはなかなか把握することができず、
また子供が熱発することに慣れていない場合には、やはり慌ててしまうものですよね。

フリーランスの大変さ

子供が熱発した場合、働くお母さんは、誰だって大変なものです。
お勤めに出ている方も、職場に連絡を入れて、連携プレイで仕事を
行っている場合には、申し伝えておかなければいけないこともありますし、

何日も休みを取るのは気が引けるもの。
そういった他人(職場の人ですが)に気を遣いつつ、
休みを取るのは、本当に気が引けますよね。

フリーランスの場合、そのストレスを受けることはありません。

が・・・しかし・・・重要なのは納期との闘い。

私は子供が小さい頃は、産業翻訳を担当させていただいていたので、
納期が短いことが多く、1日仕事を進めることができないと、
その後キャッチアップするのが非常に大変になります。

そんなときに、子供を病院に連れていくだけでも半日を費やしてしまうので、
もう気が気ではなくなります。
もちろん、子供が熱を出している原因も気になりますよね。

で、ここで一番いい病院の行き方。
病院によっても受入れ体制は違うと思うのですが、

私が行っていた小児科は、その当時、
予約を受け付けてはもらえませんでした。

なので、8時半に玄関が開く20分前には玄関の前に並んで
とにかく1番乗りするか・・・

はたまた11時半頃に病院に行く

ことにしていました。

1番乗りは、結局病院が開くまでは外で待っていなければならず、
これはこれで大変なのですが、とにかく1番に見てもらえるので、
大きなタイムロスにはなりません。

また11時半頃に行くと、午前中の早い時間に来た人達は
概ね会計まで終えているので、一混雑終わった後となります。
なので、9時~10時ぐらいに行ったときよりも待ち時間も少なくなり、
何より病院内の患者さんの数がどんどん減っていくので、
病院内にもゆとりが見えてくるようになります。

現在、その病院は11時以降であれば予約を受け付けてくれるようになったので、
私は、わざと11時半ぐらいに予約を取って、
少しでも後ろにずらすようにしています。

朝一番に診てもらいたい気持ちは重々わかるのですが、
子供がどんな状態であれ(よっぽどひどい場合はのぞく)、
朝一番で行ったとしても、診察が終わるのは1時間半後ぐらいなので、
病院でその時間を過ごすぐらいであれば、1時間半ぐらい遅く
診察してもらうために病院に行っても、大きな差はないわけです。

こうして1日のうちの少しでも空いている時間を狙って、
少しでもタイムロスのないようにしていく工夫は必要だと思います。

体調が悪い子供はつきまとってくるものと割り切ることも必要

子供が体調が悪いとき、眠りは浅く、起きていても親の近くにいたいという
気持ちが強くなるのでしょうね。いつも以上につきまとわれる気がします。

一人で寝ているのは心細く感じることでしょう。

ようやく寝たと思っても、起こさないようにそっとふとんからでると
10分もしないうちに子供が起きてしまう・・・ということも
しょっちゅうありました。

こんなとき、仕事のファイルをプリントアウトしておいて、
常に自分の近くに置いておくことをお薦めします。

まだこちらの言うことも理解できないほど、子供が幼い場合には、
その原稿を音読するのもいいかもしれません。

とにかく、机(パソコン)に向かっていなくても、
頭の中でアレコレと訳出や構造などについて考えるようにします。

字がぐちゃぐちゃになっても気にせず、何かしらメモができる状態に
しておくといいと思います。

そうすると、子供の側にいつつも、頭の中は仕事のことを考えている状態に
することができます。

何度も繰り返し原文を読むのもいいと思います。

そして、わずかな時間でも寝てくれたときに、
さっとパソコンに打ち出すことができるようにすると、
わずかながらでも進んでいることになります。

とにかく、「家族が体調不良になり、納品できません」
という言い訳は一切通用しない世界なので、
何としてでも仕事を進めなければいけません。

自分が体調悪いときよりも辛いのが、子供の突然の体調不良だと思います。

まとめ

いくらスケジュール管理が必要とはいえ、納期が短い仕事での、
自分も含め家族の急な体調不良は本当に辛いものがありますね。

納期の関係上、本当にどうしようもないときには、
旦那に仕事を休んでもらって、病院に連れて行ってもらったこともあります。

そう考えると、お子さんが小さい間は、家族にも納期がいつだということは
伝えておいた方が、心良くサポートしてもらえるかもしれませんね。

フリーランスとはいえ、お子さんがいるご家庭では
家族の協力は欠かせないものだと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索