疲労感は抜けてきました

疲労感が取れない」でぼやいていたとおり、ずっと朝から疲れている状態が続いていたのですが、
結局このぼやいた日の朝、キューピーコーワゴールドAを飲んで以来、だいぶ元気が戻ってきました。

いわゆる「湿度の高さ」に身体が慣れるまでに時間がかかっていただけだったようです。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

疲労感たっぷりのときは集中し続けるのが難しい

今回は、朝目覚めたときから、疲労がずっしり身体に残っている状態が続き、PCに向かうと強烈な眠気が襲ってくる。そのために、昼寝をするもまったく「スッキリ感」がなく、数時間ですぐまた眠気に襲われる、の繰返しでした。

ですが、7月1日にキューピーコーワゴールドAを飲んだことに加えて、室内の温度と湿度を調節してみました。

エアコンを上手く使いこなしましょう

このときにとった方法というのが、エアコンをつけて、外気温とあまり差がない状態にすることでした。ここ最近は、梅雨の影響もあって湿度が高いのですが、外気温も35度などの高温になっているわけではないので、エアコンの温度は28度ぐらいに設定します。

そして、「冷房」に設定します。「除湿」機能があっても、巷では「除湿」状態にしておく方が電気代がかかると言われているので、ここで「除湿」は使いません。あくまでも「冷房」です。

もちろん、室内を高めにしておいて、扇風機を回します。

身体の一部に扇風機からの風が当たるようにしておくと、とても涼しく感じますね。
ちなみに我が家の設定温度は27度~28度です。仕事をしている部屋は夕方から夜にかけて、室温があがるので、その時には26度ぐらいに設定します。

このぐらいの設定にしておくと、部屋の外との気温差がさほど大きくないので、仕事の部屋以外の場所に行くときにも身体は楽です(気温差を大きくすると、部屋の外に一歩でたときに暑さ倍増に感じて、これもまたしんどいものです)。

こうして上手くエアコンを設定することで、上手く疲労感をコントロールできるようになりました。疲労感というより倦怠感でしょうか。

疲労感が抜けると目覚めがよくなる

寝起き早々、疲労感が抜けていないときは、朝起きるのも苦痛でした。まず目覚ましがないと起きれず、目覚ましがなっても、ふとんの中でウダウダしている状態が続いていました。

これは私にとってはとても珍しいことでした。もう朝型生活が身についているので、朝はそれほど苦労するなく起きていたのですが、この疲労感が抜けない期間は本当に起きれませんでした。身体を起こすことができない・・・というのでしょうか。

それが、疲労感が抜けた途端、目覚ましなくてもすっきり起床できる状態に戻ってきました。朝の集中力もカムバック。あー、おかえりーという感じ。

このまま集中力ダメダメ状態が続くのかとゾッとしていましたが、ようやく元の状態に戻ってきました。

朝型を無理にお薦めするわけではありません。その人その人のペースがあるし、夜に強ければそれはそれでいいと思っています。

私の場合は、ニワトリが先か、卵が先かの問題にもなりますが、朝早く起きる分、夜眠くなるのが早く、眠くてグラングランの状態で集中することができないので、朝起きるようにしています。

我が家では、どちらかと言えば次男が私の血を引き継いだ朝型タイプ。長男は旦那の血を受け継いだ夜型タイプです。

今回、目覚めがスッキリすることって、本当に大切なんだなーとしみじみ思いました。頭がスッキリしているので、そのまますぐに仕事を始めることができます。

集中力がなくてダラダラ時間だけ過ぎることがないのって、精神的にも楽になります。つまり、何もやってないのに、時間だけ過ぎていく・・・状態から解放されることになるので、子供達の起床時間までに、一仕事進めることができます。


スポンサーリンク





ウォーキングも大事

疲労感が抜けない時期、パソコンの前を離れてウォーキングすることも大事な時間でした。↑にも書いたように、もう自分には集中力が戻らないのかもという不安に駆られたときに、ウォーキングに出かけると、身体を動かすことで、ドーパミンが分泌され、脳の血流が増します。

歩くことによって、全身の筋肉が刺激され、その刺激が脳を活性化するために、集中力が戻ってきます。これは頭がボーッとしてきたなーと思ったときに、実際に取り入れてみてくださいね。

あまり運動していない人にとっては、ちょっと歩くだけでも疲労に繋がりますので、10分~15分ぐらいでOKです。

私は毎日買い物時に1時間ぐらいかけて歩きます。これも数ヶ月前から始めたのですが、最初の頃は買い物から帰ってくるとグッタリ状態でした。が、今では、まったく休憩を取らずに次のことを始めることができるようになりました。何事も継続が大事ですね。

ウォーキングしながら、音声を聞いたりもできるのですが、今の私は、ウォーキングをしながら、色々考える時間に使っています。いいテンポで歩いていると、思考が上向きになります。そうすると、若干疲労感があったとしても、仕事なり、家事なりができるのでお薦めです。色々な閃きがあったりもしますよ。

メモ取りながら歩くことはできないので、家に戻ってからが忙しくなったりもしますが(忘れないようにノートに記録したり、やりたいことが頭に浮かんでいるので、ちょっとやってみようーと着手したりするので)。ちょっとしたハイテンションの状態になっています。

まとめ

フリーランスで仕事する場合、自分と向き合う時間が長くなるので、上手く自分をコントロールする手段を見つけることが重要になってきます。

室温、湿度のコントロールもそうですが、適度な運動を取り入れることによって、最終的に作業に集中できる時間が長くなることが理想です。

私は理由をつけないとさぼりがちなウォーキングは、買い物と組み合わせることで継続に成功しています。

ただ「健康のために歩こう」としても、なかなか続けることはできませんでした。もちろん、歩いていく買い物なので、それほど重たい物を買うことはできません。その日に必要なもののみ購入することになります。つまり不要なものは買わないので、買い物も非常に効率的になります。

買い物に向かっている間に夕飯のメニューを考えてもいいですしね。

ちょっとした工夫で、集中力がアップしていくので、ご自身でアレコレやってみて、自分が一番効率良く仕事をできるスタイルを見つけてみてください。ちょっとしたことがきっかけで、集中力を長く持続させることができますよ。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索