当たり年

残念な意味での当たり年・・・・

やけに「当たる」ここ最近。
これは年末宝ジャンボくじでも買わなあかんかなー。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

1回目の「当たり」

厳密に言うと、「当たり年」というよりは「当てられ年」。
最初は、数週間前のこと。
駐車場に停めていた車に当てられました。

私は、買い物中だったので、無傷。
当てた人は、ちゃんと待っててくれました。
自分の車に近づいた途端、声をかける人が・・・。
「????」のまま話を聞いていると、

「すみません、あててしまいました」

「え?」と車を確認すると、あ、あれ?確かにバンパーのところが・・・。

もちろん、駐車場で、誰も乗っていない車でのことなので、
「0対10」。

その相手というのが、長男の1学年上の男の子でした。
幸い、家族と買い物に来ていたときだったようで、
ちゃんと待っててくれ、100%あちら払いで成立。

修理費、見積もりを取ってもらったら18万弱でした。
ひー、これ逃げられていたら、本当にたまんなかったですね。
&私ももちろん家族も乗っていなくって本当によかった。

2回目の「当たり」

「ご無沙汰していました」で書いたとおり、完全な運動不足だったので、
今日は、夕飯後歩きに行ってきました。
ちょっとひんやりするものの、歩いていると暖かくなってくるだろうと
出かけてきました。

去年よりも若干歩くスピードが速くなってきているので、
去年のルートよりも、ちょっぴり距離をプラスしました。

が・・・・そこで、後ろからドーン。

いや、心臓飛び出るかと思いました。
私はかなり道路の端っこを歩く方であり、もちろん、スマホを見ながら・・・
ということはありません。
かなり真面目に(?)歩いていました。

そこに、突然ドーンですから・・・。

高校生の女の子でした。身体と身体がぶつかっただけなので、
もちろん傷などがつくことはなかったのですが、
後ろから突然は、怖いですよ。

世の中色々な事件がありますが、通り魔に襲われるって
こういう感じなんでしょうね。
一瞬何が起きたかわからない・・・。

やっぱり引きこもりは家に引っ込んでろってことなのでしょうか(苦笑)。

いずれにしても、こんな「当たり」はもう嫌ですー。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索