あんた、ちょっとこっち来い

あー、もう真冬仕様ですよー。

まぁ少しずつ「冬」に身体が慣れつつあるので、いいんですけどね~~~。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

冬になると・・・・

こちらはある田舎町なんですがね~~~、
「雪」の日の登校は、学校からのお達しで、絶対自転車通学禁止なんですよー。

で、雪が降る可能性がある日は、送っていかないといけないという・・・。
もう、甘いよねー。このぐらい、自力で行け!と言うのですが、
結局送ってる・・・。

今朝、車の中での会話。

私「ほらほら~~~、こんな天気だって自転車で行ってる子、いるやん」
(限りなく少ないけど)
次男「いや、この子達は親が、事情で送ることができないんやろ」
私「いやいや、我が家だって、母さんの事情で、送ることなんてできんわー」
次男「いやいや、母さんは、家で仕事している「だけ」やろ?」
私「なに~~~、ちょっとあんたこっち来い!今「家で仕事しているだけ」って言ったなー」
「ちょっとこれは許せない発言やで~~。「家で仕事しているだけ」ってどういう事やねん」

と、朝から腹を立てておりました(笑)。

まぁ、これは、私と次男の中ではよくある会話で、「家で仕事しているだけ」という表現をすると、私が怒るというお決まりのパターンなんですがね。

まぁ、元々は、そういう不用意な発言を次男がした時に、マジで私が怒ったことが発端になってはいるのですが(もう数年も前の話)。

いずれにしても、在宅での仕事って、「家で仕事をしているだけ」と、割りと安易に取られがちですよね。

結果的には居留守となったこともある

我が家の旦那の両親は、車で行くとスープが、そのまま飲むと舌が火傷しちゃいますけど?という距離にいます。

これも数年前の話ですが、とにかくしょっちゅう、両親のどちらかが「ピンポン」と来ていました。中に入るわけではないのですが(入ってもらえる状態でもない)、これ買ってきたよーとか、なんとか言いながら、話をしに来ていたわけですね。

もちろん、運転手が必要なときには、声がかかるという・・・。

これね、結構辛かったですよー、その頃は。
子供たちが学校で不在になって、ようやくガッツリ仕事(勉強)に向かっているというときに、この中断。

もちろん、「来ないでほしい」とは言えず、悶々と・・・・。

そうしているうちに、我が家の「ピンポン」、私が仕事している部屋では、そのピンポンがよく聞こえないという状態になり、結局、何度か「ピンポン」しても、私が応答しない・・・。これは居留守か?と状況判断されたようで、一気に我が家への訪問回数が減りました。

「仕事していると、ピンポンは聞こえなくて・・・・」と何度か伝えてはいるのですが、間接的に「居留守」を使っている状態になってことで、私のストレスはすっかりなくなりました。

「使えない嫁」として認定されて大いにOKですww

在宅で仕事をしている人は、こうして「在宅だからできるでしょ?」と言われ、用事を押し付けられることを上手く回避していくようにしましょう!!!

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索