展示会

先週、大阪で開催されていた
接着・接合EXPO
に行ってきました。

その中で、最初の1つの無料セミナーだけ出席できなかったのですが(都会の銀行は口座開設するのに1時間強かかった。そのせいでこの無料セミナーには参加できなかった。ちっきしょー(号泣))

で、その無料セミナー以外に3つの有料セミナーに申し込んでいました(1セミナー5000円)。今は、発表する先生方も、パワポに動画を埋め込んで説明してくれるので、とってもわかりやすい。

その中で、分子がどのように接着面に接着するのかという説明を非常にわかりやすく行った上で、動画を何度も再生しながら見せてくれました。

もちろん、その時になるほど~~と思いながら、動画を食い入るように見ていたわけですが、
例えば、下のような画像が出てきたときに、自分でも接着状態を判断できるようになるんですよね(あまりいい画像が探せなかったので、適当なものをアップしています)。

別にこれは、接着面がどんな素材でもいいんです。上の画像は生体内での接合を説明したものであり、私が参加したセミナーでは、基板での界面についての説明がなされていました。

でも、基板での説明がなされていたとはいえ、説明の内容自体は分子鎖の動きのことなので、同じようなことが生体内も言えるかもしれない。

とにかく、こういったセミナーでは、概略を抑えることができれば、色々な面に応用して考えることができます。

セミナーの講師をしてくださる方が、それ専門で研究している方だと、かなり熱く語ってくれます。
ほどほどパワポを準備した半分ほどしか詳しく説明できず、後半は何とか終わらせようと、ビュンビュン飛ばしていきますww

これが、メーカーの営業の方がセミナー講師をしてくださる場合には、いただく資料が薄いとしても、大体全般的に同じぐらいのスピードで、ほぼほぼ時間内に収まるように話を進めてくれます。

どちらにも良い点と悪い点とがありますね。

そういえば、2月に開催されたバイオや医療関係の展示会では、ちょうど私が担当していた案件の「ブツ」が展示されていました。スペシャル残念なことに、その日は担当者がおらず(小さいブースだったので)、モノだけが展示されていました。

でも、逆にだからこそ、その「ブツ」を手にとって、色々な角度から見ることができ、自分の案件の内容理解に直結しました。

広い会場で、人も多く、話しかけた担当者も新人さんで、話がちっともわからない・・・なんてことも多々ありますが、せっかくの機会なので、有料セミナーと組み合わせつつ、展示会内をグルグル歩き回るのもいいですよ。

なかなかブース内の人に話しかけられない場合も、ブースごとに簡単な説明会を1日何回かに分けて行っている場合もあるので、お薦めです。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

インテックス大阪までの行き方

大坂開催の場合は、大阪駅から乗り継ぎありで20分ぐらい。インテックスに直接向かうバスも桜橋口から出ています。大阪駅から向かうときは、インテックスに到着後、バスを降りてから料金を支払います(片道600円←有料道路を使用)。領収書もくれます。

帰りは、かなり混みます(とはいえ、全員着席できる&バスは何台も来る)が、歩き疲れた身体を休めるにはいいですね。

電車で行く場合には、最寄り駅が3つ案内されているのですが、コスモポリタン中ふ頭駅が一番歩きやすい気がします(3つそれぞれ試しました)。

入場するときもそうですが、セミナーを受講するときも、必ず名刺が必要となりますので、事前に名刺を準備しておくのを忘れずに。受付で2枚、各セミナーに1枚。ブースを回っているときに、名刺を渡すと、何らかのものをくれる場合もありますので、結構な枚数、名刺は必要です。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索