デジタルとアナログを上手く使い分けてメモメモ

割と根を詰めて仕事をしていると、頭が混乱してきますね。

もちろん仕事のログは録っているけれど、それを見ないと、どんな案件をいつ納品したか
記憶がなくなってきています(号泣)。

ログを見ると、ああ、そうだったね、とすぐにわかるのですが、とにかく覚えていられない。

でも、私よりもお若い方に

「そうしないと(忘れていかないと)、次のものは入りませんょ」
と言われて、本当にそうだなーと思いました。

無意識下で確かに知識が蓄積されていることは、実感としてわかるのですが、でも、表面的に忘れてしまうことについて、ものすごい恐怖を覚えていました。

朝丘雪路さんが亡くなって、直接の死因として「アルツハイマー型認知症」がクローズアップされていますが、実はこちらの方向に向かっているのではないかとビクビクしているんですよねー(若年性ってあるからね)。

でも、「そうしないと(忘れていかないと)、次のものは入りませんょ」と言われ、かなり心が軽くなりました。

子供たち関連のことは結構覚えているんですよ。これは、1~2年前の方がひどかったんです。でも、子供たちも母さん=すぐ忘れると思っているので、「忘れられたら困る」ことは、比較的何度でも言ってくれます。

お弁当の準備をすることは忘れたことはないのですが、前の日に「準備してある?」と必ず確認されるようになりましたww。ま、回りの人が協力してくれるようになったということはいい傾向ww。「親なんて当てにならない」と思ってくれた方が楽ですよねー。

願わくば、お弁当も自分で作ってくれww

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

大きなものはエクセルで管理、小さなことは小さいノートで管理

仕事用のログは、主にエクセルです。仕事を受注した際にエクセルに記入し、その一覧をプリントアウトしてホワイトボードに貼っておきます。

新たに受注する度にプリントアウトするので、常に納期を確認することができます。

何度も見ているうちに、エクセルシートを見なくても覚えていられるようになるのですが、やっぱり「納期すっ飛ばし」は怖いので、案件用のフォルダにも納期を記入しておきます。

以前は納期より数日前の日付をフォルダに書いておいたのですが、これだと正規の納期がわからなくなったので、結局はリアル納品日を書くようになりました。

で、子供たちの学校用のことなどは、手元ですぐに書き留めることができる小さいノート。買い物の予定などもこのノート。

もちろん、仕事中に頭の中を整理する場合にもチョコチョコ使います(進行中の案件で、あーでもない、こーでもない、と考えるときはWordがメインですが)。

メモのとり方は、アナログとデジタルを上手く使いわけるといいのかなと思います。

エクセルシートで納期等を管理する場合には、月ごとにまとめておきます。こうすることで、確定申告書作成時に、簡単に見直すことができますし、入金を確認するときも楽です。仕事が忙しすぎて、気がおかしくなりそうなときにも、入金額を確認して、「よし、もうちょっと頑張ろう」と思えるかもしれません(「しれません」と書きながらも実はやってるww)。

案件の内容に関するメモは「OneNote」に

実はエクセルって結構使い勝手がいいんですよねー。さきほど、進行中の案件では、wordを使ってあれこれ考えると言いましたが、実際に文章の中で単語を入れ替えたり、文の構造を考えたりするときには、wordを使っています。

が、一覧としてメモするときには、エクセルが便利です。エクセルの場合、一覧としてはプリントアウトしたり、目で確認するのには非常に使いづらいのですが、この表形式をそのまま維持したまま、wordに貼り付けることもできますし、「OneNote」に貼り付けることもできます。

こうなってくると、断然エクセルは便利なんですよ。OneNoteは、Wordにリンクさせることができ、そのままスクリーン上に表示することができます。画像も、OneNote上で、エクセル形式の表に貼り付けると、キレイに見えるようになります。その状態でプリントアウトすることもできます。

ぜひ皆さんも、「エクセルは使いづらい・・・」とか、決めつけてしまうことなく、それをベースにどう発展させれば、自分仕様で使いやすくなるのか、考えてみてくださいね。

結構、色々な手段があって、面白かったりしますよ。翻訳支援ツールでもそうですが、それぞれできることには限りがあります。でもその限りのある中で、どう組み合わせることが、自分にとっての最適化につながるのか試してみてください!

私も、若い頃の自分にこだわってもまったく意味がないので、加齢と仲良く付き合いながら、発展していきたいと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索