ぜっんぜん若くはないけれど

一般的に全然若くない年代だけど、

ご高齢の方から見れば、「若い」と言われる年代。

新しいことを始めるのは早い方がいいに越したことはない。

でも、年食っちゃってから気づいたのであれば、
自分の人生の中で今日が一番若い日なんだから、
今日始めるしかないよね。
だからこその「今でしょ~~~」。

今まで気づかなかったことを悔いていても仕方がない。

今までやらなかったことを悔いていても仕方がない。

始めるか、始めないか悩んでいる暇はなく、
やってみて失敗だったら、やらなかったときより
経験値が上がっているわけなので
それでOK。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

どんどん変えていきましょう!

大事なことは、「いつからでも人間は変われる」こと。
「今からでは遅い」は言い訳。
ただ年齢が上がると、これまでの経験から、
不安が妙に強く出たり、
これまでの習慣を変えることが面倒だったりする。

これまでの習慣を変えるって、中高年にとっては、きっと若い世代よりも大変。
それで長年やってきているから、もう無意識でやっていることって
多々あると思う。

それを変えるというのは、結構なストレスだし、
すぐに「もういいや」ってなりがち。

なりがちだからこそ、その一線を超えると
別次元に行けるんだよね。

だって、「なりがち」ってことは
多くの人がそこで「や~~め~~た」ってなっちゃうんだから。

昨日たまたま見たイラストがとってもよくできていた。

ずーっと地下で穴を堀り続けていたんだけど、
あと1ミリほどもない壁のところで、
シャベルを置いてしまっていた。

半分ぐらいのときには、一心不乱に穴を掘っていた人がね。

その人には、「壁」の厚さが「1ミリもない状態」
になっていることは見えていない。

こういうことって、自分に見えていないだけで、
結構「アルアル」だよね。

大事なことは、これまでの習慣を変えることにチャレンジすること。
そしてそれを継続すること。

何より大事なことは「継続」

特許翻訳の仕事をしていて、
「継続すること」の大事さをしみじみと実感しています。
もちろん「特許翻訳の仕事」に特化した話ではないのですが。

これもたまたま見たサイトで知ったのですが、
最初は500メートルもまともに走れなかった人が、
今ではフルマラソンにチャレンジするようになっている。

500メートルもまともに走れなかった時期は、
とにかくすぐに息があがり、血流が急に良くなるためか、
身体中がかゆくなったそうです。

(これ、本当によくわかります。
私もちょっと歩くと、足が痒くて痒くてたまらないことがありました。)

そのため、「走る」のではなく、「散歩」からスタートして、
徐々に走れるようになっていったそうです。

今は、私はその方でいう「散歩レベル」だなー。

去年は、その「痒さ」に対応するためだけに「歩いていた」レベルだから、
自分なりにちょっとレベルアップ。

このまま続けていれば、来年は「ちょっと早歩き」ぐらいになっているかも。

「500メートルも走れなかった人」は、
結局半年ぐらいで走れるようになったそうですが、
その半年間で、体重は10キロ近く落ちたとのこと。

もちろん、私自身の年齢と、これまでの生活を考えても
急激にそこまでの変化は望めないし、今の私の状態を無視してそれをやると
死んでまう・・・ので、きちんと自分の身体と相談しながら、
徐々に負荷をあげていこう。

「散歩」レベルが習慣化づいているのは、いい傾向なので、
この「散歩」レベルから、「早歩き」モードへの変換は
それほど苦ではないと思う。
「早歩き」→「ラン」へのレベルアップは、ちょっとハードル高そう。

でも、「ハードル高そう」と勝手に自分で思っているだけで、
実際にはそのレベルにいってみないとわからない。

長期にわたって、今の自分を変えていくというのは、
その途中経過も含めて、結構楽しいもんですよ。
あまりにも今までが「ダメダメ」だったんでね。

私にとっては大きな変化

昨日、辞書ソフトを変えました。
今まで、「対訳くん」を使っていたのですが、
新しいPCへの移行を準備するにあたって、
そろそろ「対訳くん」を卒業しないと・・・と
考えていました(このあたりは別記事で書きます)。

でも・・・・面倒だったんですよー、やっぱり、
これまでの環境を変えるというのはね。

で、ようやく重い腰をよっこらしょとあげて、
新ソフトにしたわけです。

結果、思ったより、全然簡単だったー。
結構アルアルでしょ?これって。

自分が思ったより大変なこともあるけれど、
自分が思ったより簡単なこともあるわけで。

それはやってみないとわからないですよねー。
だからこそのチャレンジ。だからこその習慣の変更です。

まだ新PCの準備は整っていないので、
もうしばらく旧PCで対訳くんとのお付き合いを続けますが、
色々と新PCの準備が完了したら、
これで一旦おさらばかな、「対訳くん」。
ありがとう。そして、おつかれさま(いや、まだだって!)

みなさんも、今の自分を環境をより良くするために
日々少しずつでも改善しようと工夫をしてみてくださいね!
そのときは「3歩下がった」ように見えても、
来年、あのとき「3歩下がってよかったよ」と
言えるようになっているかもしれません。

頼むぞ、新辞書ソフト!

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索