煮詰まり感

仕事関係の夢を見ると、
仕事に追われている感が強くなる。

納期的にも問題ない
体調も今のところ問題ない
家族たちも特に変わりない

のないない尽くしの状態なのに、

寝ているときに仕事の夢を見ると、
「あー、心理的に追われてるんやなー、私」
と思う。

つまり、「煮詰まった状態」。

仕事自体は苦じゃない。
家事も溜まっているわけではない。

最近は、ご飯づくりを手を変え、品を変え、
色々とやってみているので、
いわゆる家の中での楽しみが増えた。

でも、夢に仕事がでてくる日が続くと、
ずっしりと背中にのしかかっているのを感じる。

寝起きは特にそうなのかもね。
って、もう起きてから数時間経っているけれど。

今日は、家族事情で、起きてすぐに仕事(or勉強)に取り掛かれていないのも一因かもしれない。

こんなときは、無理して気持ちをあげようとしても無理。
なので、淡々と手と頭を動かすしかない。

集中することで、結構この重たい感を取り除くことができる。
合間に家族と馬鹿な話をするだけで、昼過ぎには
なんとなくスッキリしていることもある。

眠たくなったら寝ればいい。

「あー、煮詰まってるなー」と思い続けることが、
多分一番良くない。

ということで、次男以外、出かける人はすでにでかけたので、
がっつり集中タイムに入ることにします。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

仕事をお断りすることから来るブルー感なのかもしれない

自分でtwitterでつぶやいて気づいたのですが、
仕事をお断りすることが続くと、
気持ちのどこかで引っかかっていて、
それで夢に出てきちゃうのかもしれない。

もちろん、自分一人でできることには限界があるし、
断ることは仕方がないことなんだけど、

取引先が減るのは嫌で(3社ぐらいで、上手く案件を回したい)、
断り続けるところからは打診の回数が減るということは
経験しているので、
それに対する不安なんだと思う。

秋は、仕事量の多いところが多い。
ということは、必然的にお断りする頻度が高くなる。

お断りする回数を減らすべく、
予めスケジュールの連絡を入れるようにしているんだけど、
あまりその連絡を入れすぎるのも何やし、と思っていると、
忘れた頃に打診メールが来る。

ああ、この頃まではダメだと伝えておいたんだよなーと
思い出す。

昔っから、お断りするのって苦手だったなー。

(今日は、完全に独り言って感じになっちゃいましたww。
ボヤッキー藤原ですww)

現受講生さんのブログから気が付かせられる

そういえば、私はレバレッジ特許翻訳講座の卒業生です。
この講座なくして今の特許翻訳の仕事はやっていなかったと強く思っているので、今も師匠のブログはよく見ています。

仕事中でもサクッと見て、サクッと仕事に戻れるので、ちょっとした気晴らし(喝入れ)にも抜群。

でも、受講生の方のブログはあまり見ていなかったのですが、
今日は↑に書いてきたように、
だいぶ気分が重たいww。

ということで、ちょこっと拝読したブログに、

計画

がありました(実際は、他の方の記事からそこに飛びました)。

こちらの記事の下の方に、壁(かな?)に貼ってあるものとして、
「私は私が大好きだ」とあります。

これ、この気持が自分に一番足りないものなのかもしれない。

自分的には、すぐに自分を攻め立てる傾向にある。

これが、追われている感、煮詰まり感、ずっしり感を
生み出しているのかもしれない。

ということに気が付きました。

元々、この受講生の方も、私にとっての恩師がビデオの中で
「貼っておいてください」と言われたことを
そのままに実行し、この言葉を貼り付けたそうです
(他にも色々と。私も最初は、机の向こう側に貼り付けていたのですが、
そこに手を伸ばすのが面倒になり、机の向きを変え、机の横に壁が来るようにしました)。

ああ、懐かしい。私もビデオで言われたら、
「おし!」と思って色々動いていましたよー。

今は色々剥がしたり、貼ってあってもあまり見なかったり
しているけれど、
今回、受講生の方のブログを読ませていただいて、
なんだかあの頃に戻った感じ。
で、なぜか元気が出てきた(はい、単純です)。

ちょっと他人の力を拝借して、
すっきり感が出てきました。

なんてしているうちに、次男の朝食の準備だな。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

コメント

  1. モンカナ より:

    レバレッジ特許翻訳講座受講中のモンカナです。

    ブログ「計画」をご覧いただき、ありがとうございました。

    レバレッジ特許翻訳講座の先輩であり、自分と同じように2人の子育てをしながらも、
    しっかり仕事面でも活躍されていて、「私もこうなりたい!頑張るぞ!!」と
    目標にさせていただいています。

    「私は私が大好きだ」という言葉、いつか自信を持って言えるようになりたいですね。
    残念ながら、今の自己肯定感は、高いとは言えないので。
    子供たちは「ママ、大好き~!」と言ってくれますが(苦笑)

    お互い働く母として忙しい毎日ですが、元気を出していきましょう!

    • fujiwara より:

      モンカナ様
      はじめまして!
      そして、突然リンク飛ばしちゃってごめんなさいねー。

      >目標にさせていただいています。
      いや、やめて。そういうタイプでなくww
      私よりもサクサク卒業されて、お仕事されている
      母軍団は、たくさんいらっしゃるので・・・。
      ただ、たまたま私はブログを続けているというだけです。

      >子供たちは「ママ、大好き~!」と言ってくれますが(苦笑)
      我が家は、ずいぶん放置して育ちましたが、
      中3&高3男子でも、普通に買い物についてくるし、
      袋詰とかもしてくれます。

      普通、親とは歩きたがらない年頃なんですがね。

      とはいえ、「親の背中を見て育つ」というのは、
      まだ実感できておらず。おいおい、こっちの苦労も
      わかってくれよーと、ブツブツ言う毎日ですがww。

      おっと、自分語りに入ってしまいましたね。
      今日は、朝、モンカナさんのブログを拝読させていただいて、
      なんだか初心に戻ったような気になり、
      元気モリモリ仕事しましたよー。
      ありがとうございました。

      お互い、まだまだ行っちゃいましょうね!

      • モンカナ より:

        藤原様

        いえいえ、何と言われようと、はやり先に歩いている先輩として、お手本にさせていただきます。

        >中3&高3男子でも、普通に買い物についてくるし、
        >袋詰とかもしてくれます。

        う、うらやましい!

        我が子はまだ小学1年生と小学3年生で、お手伝いしてくれるどころか、世話しなくてはいけない状態なんですよね。
        特にこの時期は、学校行事や学区の行事、PTAの集会など山盛りで、「ちっ、人の勉強時間を取り上げないでくれよ…」と心の中で毒吐いてます。

        高齢出産でもう若くないこの身体に鞭打って、なんとかコツコツ学習している毎日。
        早く藤原さんのように稼げるようになって、「お母さんは仕事で忙しいんだから、邪魔しないで!」と言えるようになりたいです。
        ま、今は、「お母さんは勉強で忙しいんだから、邪魔しないで!」って言ってるんですけどね(笑)

        >お互い、まだまだ行っちゃいましょうね!

        はい、行っちゃいます!

        藤原さんのお返事で、やる気が出てきました。
        ありがとうございました。

        • fujiwara より:

          モンカナ様
          ありがとうございます。

          レバレッジ講座を受講したということは、
          すでに同じステージに立っています。

          今はまだ仕事もありますので、
          お仕事モードに突入しましょう!!

          ちなみに・・・
          >特にこの時期は、学校行事や学区の行事、PTAの集会など山盛り
          私はすべてすっ飛ばしました。
          きっと母軍団から総スカンだったと思います。
          でも、ママ友はまったく必要としていなかったので、
          全然楽ですが。

          最初の頃は、○○発表会などがあると、
          「席取っておいたよー」と連絡くれた方もいましたが、
          やんわりお断りを重ねるうちに誰にも・・・。

          でも、その方が何倍も気が楽でしたww。

          とっても田舎に住んでいるので、まぁ変わり者扱いかな。
          でも、こういうPTAの委員などは、断れない場合もあるのは
          重々存じていますので、その点を責めているわけではないですよー。
          ただ、すっ飛ばせるものがもしあるのであれば、
          頑張ってすっ飛ばしちゃいましょう!

          学校行事系は、そのうち「来なくていいよ」と言われるようになりますww