今年は少しずつ環境を公開できるといいな


↑こんな感じで、可視化しながらやっています。

別にすごいソフトを使っているわけではありません。
無料のソフトです。

こんな感じに作成して、画面の片隅でクルクル回した状態にしながら、
翻訳していたり(いつもではないけれど)。

こういうソフトも、翻訳者が使えば一種の「翻訳支援ツール」だな。
内容を理解しやすくるためのものだからね。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索