Tradosを導入するきっかけ

今でこそ、翻訳支援ツールマスター講座を開講するほど、かなり使えるようになったCATツールですが、最初に購入したCATツールはTrados2007でした。
現在のTrados2015とは、仕様が大きく異なるものでした。

翻訳会社も、CATツールに不慣れなところが多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

Tradosを所有していない私にTrados案件のオファー

その当時私が登録していた会社は、小さい翻訳会社でしたが、まだTradosを所有していない私に、「Tradosの案件なのですが、Tradosの費用は当社で持つので購入して欲しい。とりあえず、そちらで支払いをしておいて、その後、翻訳料金に上乗せして支払います」

というオファーでした。

まったくTradosについて知識がなく、「やります」と手を挙げるには、リスクが大きすぎて躊躇っていたのですが、

最終的に、「質問があれば、こちらでTradosに関する知識のあるものが全面的に
バックアップします」という提示をしていただき、

また、

クライアントは、保育園児でも知っているであろう某飲料メーカーだったので、
「仕事の内容自体に興味があった」
「今後も継続して案件が見込まれる」
などの点を考慮してお引き受けすることにしました。

そんな状態で実際に仕事をしてみて、結果としてとんでもないことになりました。
その翻訳会社にTrados関連の質問をしてもまったく返答はなく、あげくの果てに「担当者と連絡が取れない」。

恐らく、別の在宅翻訳者でちょっとTradosについて知っている程度の知識の方だったので、返答できなかったのではないかと思います。

また、「Trados」のサポートに入っているとは言っていましたが、ご存知のとおり「Trados」のサポートは決して手厚いものとはいえないので、質問を投げても、回答が得られなかったのかもしれません。

そのため、その当時、ネットで集められる限りの情報を集め、自分で解決していったのですが、今、思い返しただけでも、吐き気を催すぐらい大変な日々でした。3ヶ月ぐらい続いたと記憶しています。

Trados代金

小さい翻訳会社だったことが敗因でしょうか。
翻訳料金を支払って頂く段階になって、入金が確認できませんでした。

その旨を連絡すると、最初は、「○日までに入金します」という返答だったのですが、

その次に「入金が確認できませんが」と連絡を入れると、「Trados料金分を支払わなければならないので、その分入金が遅れています」

という回答となり、
最終的には、
「Trados料金分を支払わなければならないので、今月は入金ができない」
との話になりました。

結局、
「Trados購入分については、自分で持つので、翻訳料金のみ何とか入れてください」とお願いすることで、ようやく入金を確認できました。

その後も、本案件に関する入金は続いたのですが、二度と「Trados購入分」について
触れられることはありませんでした。

その案件が終了し、
数ヶ月後に同じクライアントからの
案件の打診がその翻訳会社から来たのですが、
もう二度と引き受けることはありませんでした。

苦い思い出から始まったTrados

何とも言えない気持ちで、
Tradosを購入する形になったわけですが、
それでも購入した限りは、
使い倒したいという気持ちから、
佐藤翻訳事務所の
「Trados入門コース」を受講しました。

今、ウェブサイトを検索したところ、
現在も「Trados入門コース」は
開講されているようですね。
このコースができたての頃に
受講したものと思います。

その後は、Tradosがらみの案件を
受注することはなかったのですが、
自分なりに案件はTradosで処理し、
最終ファイルを納品する形を取っていました。

その後、
「Leverage Style (レバレッジ特許翻訳講座)」
にて、Tradosの操作、有効活用法を
がっつり習得し、現在に至ります。

が、相変わらずTradosは苦手で、
Trados→Memsource→MemoQと
移行しています。

現在の取引先に
Trados必須の企業が2社あるため、
完全にTradosを手離すことはできませんが、
翻訳ツール「MemoQ」に関しては、
「こちらを業界スタンダードにするべきだ!」
とことあるごとに色々な方に
訴えるようにしています。

ただ、Trados自体も、
自分のパソコンのスペックを
上位仕様にすることで、
大きな不具合が発生することなく
使用できるとの話も聞くので、
この数ヶ月の間に新しいパソコンを購入して、
また使用状況をご報告しようと思います。

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Links
検索